安全

キャットフードの原材料

「キャットフードの原材料」

キャットフードには、さまざまな種類があります。
このようなキャットフードの原材料には、どのようなものが使われているのでしょうか?
キャットフードの原材料について、ご説明します。

キャットフードは市販されているネコ用の食事で、ドライタイプやウェットタイプ、セミドライタイプなどの形状のものがあります。
その中でとくに新鮮なものはウェットフードタイプのキャットフードだと
http://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/で説明されていました。

またそれだけでネコにとって必要な栄養をまかなうことができる総合栄養食と、
それ以外の一般食や副食、おやつ(間食)などの副食があります。

多くのキャットフードの原料として使用されているのはトウモロコシや米といった穀物と肉類です。
とくにドライタイプのキャットフードには原材料にうちの穀物類の占める割合が多く、ネコに与える影響が心配されています。
ネコは本来、肉食なため、穀物は不要であるとされているためです。
動物として必要のない食物を摂取することに対して、病気やアレルギーを引き起こす危険を指摘する声も多くあげられています。

また肉類として用いられているのは私たち人間の食品に加工されたもののうち、私たち人間が食べるのに適していない部分です。
肉に含まれるものには骨格筋・舌・心臓・横隔膜・横紋筋肉があります。
これらに付属している皮・腱・神経・血管・脂肪については含んでいる場合と、含んでいない場合があります。
またこれらのすべてを粉にして、原料として使用してものもあります。
原材料を記載する欄にはそれらが鶏のものである場合には鶏副産物粉、牛のものである場合には牛副産物粉と原材料欄に記載されます。

ネコは肉食動物なので、動物性タンパク質を摂取する必要があります。
穀物類をもって動物性タンパク質に代えることはできません。
また肉類として使用されている副産物粉は、どんなものが使用されているのかがわからないという不安が残ります。
粗悪な肉、死んでしまった動物の肉などが使用されている危険があります。

これらの穀物類や副産物粉がキャットフードの原料に使用されている理由は、コストを削減するためです。
こうしたキャットフードを与えることはネコに健康上の問題を引き起こすことも考えられます。
安心してネコに与えることができるキャットフードは、安全な原材料を使用しているキャットフードだということができます。
成分の表示に注意し、ネコの健康を害さないキャットフードを選ぶことが必要です。
Copyright(c) 2011 キャットフードの原材料 All Rights Reserved.