安全

猫に食べさせてはいけない物

「猫に食べさせてはいけない物」

人間とネコとの付き合いは長いものです。
キャットフードがない時代には、ネコのえさとしては「ねこまんま」が多く用いられてきました。
でも人間の食事をネコに与えることは、実は危険な場合があるのです。

ネコと私たち人間は、基本的に同じような栄養を必要としています。
しかしその必要量などには違いがあり、私たち人間が食べられてもネコには危険なものもあります。

ネコは炭水化物を分解する能力が人間より劣っている動物です。
「ねこまんま」のご飯は炭水化物なので、ネコにとってはあまり好ましくない食べ物だということができます。
コは動物性のタンパク質を摂取することが必要とする動物で、炭水化物では生命や健康を維持するエネルギーを摂取することはできません。
また、みそ汁をかけた「ねこまんま」では塩分の摂り過ぎにもなってしまいます。
人間が食べる食事をそのまま与えると、塩分の過剰摂取につながるので注意が必要です。
人間が食べるために作られたマグロの缶詰がその代表です。

またみそ汁の具としてよく使われるネギ類には、アリシンが含まれています。
玉ねぎを切ると涙が出ますが、それはアリシンによるものです。
このアリシンはネコや犬が食べると、赤血球を溶かしてしまう、大変有毒な成分です。
とくに玉ねぎは多く含まれているので、注意が必要です。
果物の柿、および柿の種もネコが食べると腸閉塞や腸炎を引き起こします。

ネコにイカを食べさせると腰が抜ける、と言われるように、イカもネコに食べさせないほうが良い食物です。
おなかの中で10倍にも膨らみ、胃拡張になり、動けないようになります。
腰が抜ける、という表現は、この状態を意味していると考えられます。
また非常に消化が悪く、消化不良や嘔吐を引き起こします。
新鮮でないイカはサイアミナーゼというビタミンB1を破壊する酵素が作られ、ビタミンB1欠乏症をも引き起こす危険があります。
キャットフードの成分こちらも参考になるかと思います。

生の豚肉はにはトキソプラズマという寄生虫、生卵にはサルモネラ菌がいる場合があります。
卵は火を通せば、どのような年齢のネコにとっても栄養のある食品になります。
甘いお菓子類は虫歯や肥満の原因になり、香辛料は感覚を鈍化させます。
イーストが消化管の中で膨らみガスを発生させるため、パンにも注意する必要があります。
ネコへの正しいごはんのあげ方はhttp://xn--nck1bpe3d4d0i.tv/にかいてありますので参考にしてください。
ドッグフードの大切なことはこちらhttp://www.mikidog.jp/に載っています。
Copyright(c) 2011 キャットフードの原材料 All Rights Reserved.