安全

適量ってどれくらい?

「適量ってどれくらい?」

ネコにキャットフードを与える場合、どのくらいの量を与えるのが良いのでしょうか?
また何を基準にしたら良いのでしょうか?
目安となる食事の量、回数についてご説明します。

ネコに与える食事の量は、そのネコの体重や年齢によって違います。
適正体重をキープさせるのにおすすめのキャットフードは
http://www.snrpetsupplies.com/13.htmlにて紹介されています。

体重による目安は、1kgあたり70〜80kcalのエネルギーを与えることとされています。
体重5kgのネコの場合には1日350〜400kcalの食事が必要とされます。
ネコの体重が5kgの倍の10kgの場合は、必要な食事も1日あたり700〜800kcalに倍増します。

しかしこの体重による目安だけでは、そのネコの年齢に対応しきれない場合があります。
そこで活用されるのが、ネコの1週間あたりの年齢、週齢によるに食事量の算出方法です。
この方法によると、週齢10週、週齢20週、週齢30週、週齢40〜50週で活発なネコ、週齢40〜50週齢であまり活発ではないネコ、
というように細かく区分されて必要な食事量が求められます。

生まれた直後から生後3〜5週までは、哺乳期と呼ばれます。
母猫がそばにいて世話ができる状態であれば、母乳で育てるのが一番です。
それができない場合には、母乳の成分をもとに作られている人工乳を、1日に5〜8回与えます。
人口乳は粉や液体の形状で販売されています。

生後3〜1ヶ月半くらいの間は、離乳期になります。
離乳用にやわらかいペースト状になった食事が、主に缶詰の形で販売されています。
動物病院で処方してもらえることもありますので、それらを1日3〜4回与えます。

離乳が終わった生後1ヶ月半〜4ヶ月の間は幼児期で、多くのエネルギー量を必要とします。
またタンパク質も良質のものを与える必要があります。
食事の回数は1日3回が目安になりますが、便や体の調子、体型などにとくに問題がないようであれば欲しがるだけ与えることができます。

生後4〜7ヶ月になると成長期になります。
食事の回数は1日2回が基本となりますが、幼児期と同じように何も問題がない場合は多く与えることができます。

生後7ヶ月〜7年が成猫、7〜10年が中年期、10年以上の年齢を重ねると老齢期になります。
この時期の食事の回数は1日2回、それぞれの時期用のキャットフードを与えます。
一番の成長期である子猫におすすめできるキャットフードがこちらで紹介されています。
成長期の子犬には栄養価の高いドッグフードhttp://www.supreme-directory.com/fus.htmlをあげましょう。
Copyright(c) 2011 キャットフードの原材料 All Rights Reserved.