安全

おすすめのキャットフード

「おすすめのキャットフード」

さまざまな種類があるキャットフードの中でも、多く利用されているのがドライタイプのキャットフードです。
しかしドライタイプのキャットフードを選ぶさいには、タンパク質の違いに気をつける必要があります。

小さい頃から私たちは「何でも食べなさい、好き嫌いをしてはいけません」と教えられてきました。
私たちが生きて活動していくためには、いろいろな食物をバランスよく食べることが必要です。
そうすることによって必要な栄養をバランスよく摂取することができ、生命や健康を維持することが可能となるからです。

このようにネコも人間と同じように、多くの栄養を体内に取り入れることを必要としています。
飼い猫に与えられる食事の代表的なものに、「ねこまんま」があります。
ごはんに鰹節を混ぜたもの、あるいは同じくごはんにみそ汁をかけたものが「ねこまんま」で、この「ねこまんま」には1000年以上の歴史があるとされています。

しかしネコは本来、肉を食べる動物です。
ネコの祖先は4000〜5000万年前の食肉類だとされています。
自由に出し入れできる爪で野ネズミや野ウサギを捕獲し、その肉をえさとしてきたのです。
当然、「ねこまんま」だけではネコは必要な栄養を摂取することができません。
「ねこまんま」しか与えられなかったネコは捕らえた小鳥やねずみなどを食べることで不足している栄養を補っていたと考えられます。
ネコは動物性のタンパク質を摂取することが必要な動物なのです。

私たち人間や犬はこの植物性タンパク質を摂取することによって動物性タンパク質の代わりとすることができますが、ネコにはそれができません。
動物性タンパク質と植物性タンパク質の違いは、タンパク質を構成しているアミノ酸の形状にあります。
動物性タンパク質にはアミノ酸が完全な形で含まれていますが、植物性タンパク質の場合はそうではありません。
ネコは動物性タンパク質に含まれている完全な形状をしたアミノ酸を摂取する必要があります。
植物性のタンパク質が含有量が多い傾向にあるのが、ドライタイプのキャットフードです。
ドライタイプのキャットフードを選ぶさいには、植物性タンパク質の配合比率が低いものを選ぶことが大切です。
ネットで評判の良いキャットフードがhttp://www.gopaintedponies.com/netto.htmlで紹介されていますので参考にしてください。
またhttp://familyfunsoftware.com/gen.htmlではおすすめのドッグフードが紹介されています。
Copyright(c) 2011 キャットフードの原材料 All Rights Reserved.